エースバーン ラム。 【S7シングル最終340位】エースバーン対策のメロメロとは何だったのか

ラム エースバーン ラム エースバーン

🤞 ギャラドスのダイストリームゴリ押しをゴールとして、取り巻きは カビゴンの地割れで葬る。 とびはねるは通常時に使うと攻撃に2ターンかかりますが、アクロバットであれば1ターンで攻撃可能であり、条件次第でとびはねる以上の威力が出せます。 最終27位構築にエントリーされていたのはがうっかりや、持ち物がいのちのたま、技が、、、のベース両刀ダイマックス型であった。

6
ラム エースバーン ラム エースバーン

😜 ・・・それどころかゲッコウガと比べたら物理型一本な為型の多さは劣るとはいえ、 ゲッコウガ以上の火力をタイプ一致で打てる・でやさえも無視するというあまりにも暴力的な性能から相応な物理受けでも止めることが出来ず生半可なポケモンが全員エースバーンに蹴り殺される事態が多発。 ・or++カビorドラパ 先行で荒らして逃げ切れると判断したときの選出。 ・@アッキの実 意地っ張りH132A252B108D4S12 実数値:147- 156-114- x-126-118 調整意図: A142の珠皮ダメ込み最高乱数切り耐え C189のダイジェット皮ダメ込み87. 使用率の首位は一旦に譲るものの、すぐさま追い抜き使用率トップに戻る。

ラム エースバーン ラム エースバーン

💖 また、採用率が高い技に命中安定の技が少なく、更に大半がPPが5しかないという割と小さくない欠点がある(かえんボール、とびひざげり:命中90、とびはねる:命中85)。 バもラグもレに強くないのが問題。 に対して引かないといけないのは少々窮屈だったが、ウーが複数回投げれるので試合に勝つことが出来たので良かった。

ラム エースバーン ラム エースバーン

🖐 構築経緯 高火力ボルチェンや圧力により試合を自分のペースで組み立てれる スカーフサンダーを採用。 性格も冷めていたラビフットから、再びヒバニー同様のなものへと戻っており、応援されると更に燃えるが、に走ってピンチを招くこともある模様。

ラム エースバーン ラム エースバーン

⚡ 選出・立ち回り 相手に合わせてその都度選出を組み立てていたのでイレギュラーな選出をすることもあったのですが、一応基本選出や頻繁に出した選出はあるので、その辺りの 選出と立ち回り方について軽く触れようと思います。 エースバーンの蜻蛉返り展開からの詰め筋が、結局「こちらのDMエースを通す」のみになっているため、高速再生技持ちを組み込んで DM枯らしの最適化+ 崩し筋をDMに頼る構築に対して受けポケモンで詰ませるような動きができるようにするともっと上手く回るようになるのではと考えています。

9
ラム エースバーン ラム エースバーン

♥ 変化技は、、、、などが候補となる。

8
ラム エースバーン ラム エースバーン

🤟 特性「リベロ」により、全ての技をタイプ一致で打てる上に、覚える技範囲が広いので、多くのポケモンと対面で戦えます。