猫 歌詞。 DISH/あいみょんの「猫」〜言葉フェチによる歌詞分解〜|じゅん@コーチング|note

歌詞 猫 歌詞 猫

🤛 夕焼 ゆうやけが 燃 もえてこの 街 まちごと 飲 のみ 込 こんでしまいそうな 今日 きょうに 僕 ぼくは 君 きみを 手放 てばなしてしまった 明日 あしたが 不安 ふあんだ とても 嫌 いやだ だからこの 僕 ぼくも 一緒 いっしょに 飲 のみ 込 こんでしまえよ 夕焼 ゆうやけ だけどもそうはいかないよな 明日 あしたってウザいほど 来 くるよな 眠 ねむたい 夜 よるになんだか 笑 わらっちゃう 家 うちまで 帰 かえろう 1人 ひとりで 帰 かえろう 昨日 きのうのことなど 幻 まぼろしだと 思 おもおう 君 きみの 顔 かおなんて 忘 わすれてやるさ 馬鹿馬鹿 ばかばかしいだろ、そうだろ 君 きみがいなくなった 日々 ひびも このどうしようもない 気 けだるさも 心 こころと 体 からだが 喧嘩 けんかして 頼 たよりない 僕 ぼくは 寝転 ねころんで 猫 ねこになったんだよな 君 きみは いつかフラッと 現 あらわれてくれ 何気 なにげない 毎日 まいにちを 君色 きみいろに 染 そめておくれよ 夕焼 ゆうやけが 燃 もえてこの 街 まちごと 飲 のみ 込 こんでしまいそうな 今日 きょうに 僕 ぼくは 君 きみを 手放 てばなしてしまった 若 わかすぎる 僕 ぼくらはまた1から 出会 であうことは 可能 かのうなのかな 願 ねがうだけ 無駄 むだならもうダメだ 家 うちまでつくのが こんなにも 嫌 いやだ 歩 あるくスピードは 君 きみが 隣 となりにいる 時 ときのまんま 想 おもい 出 で 巡 めぐらせ がんじがらめのため 息 いきばっか 馬鹿 ばかにしろよ、 笑 わらえよ 君 きみがいなくなった 日々 ひびは 面白 おもしろいくらいにつまらない 全力 ぜんりょくで 忘 わすれようとするけど 全身 ぜんしんで 君 きみを 求 もとめてる 猫 ねこになったんだよな 君 きみは いつかまたあの 声 こえを 聞 きかせてよ 矛盾 むじゅんばっかで 無茶苦茶 むちゃくちゃな 僕 ぼくを 慰 なぐさめてほしい 君 きみがいなくなった 日々 ひびも このどうしようもない 気 けだるさも 心 こころと 体 からだが 喧嘩 けんかして 頼 たよりない 僕 ぼくは 寝転 ねころんで 猫 ねこになったんだよな 君 きみは いつかフラッと 現 あらわれてくれ 何気 なにげない 毎日 まいにちを 君色 きみいろに 染 そめておくれよ 君 きみがもし 捨 すて 猫 ねこだったら この 腕 うでの 中 なかで 抱 だきしめるよ ケガしてるならその 傷 きず 拭 ぬぐうし 精一杯 せいいっぱいの 温 ぬくもりをあげる 会 あいたいんだ 忘 わすれられない 猫 ねこになってでも 現 あらわれてほしい いつか 君 きみがフラッと 現 あらわれて 僕 ぼくはまた、 幸 しあわせで 夕焼 yuuya けが kega 燃 mo えてこの etekono 街 machi ごと goto 飲 no み mi 込 ko んでしまいそうな ndeshimaisouna 今日 kyou に ni 僕 boku は ha 君 kimi を wo 手放 tebana してしまった shiteshimatta 明日 ashita が ga 不安 fuan だ da とても totemo 嫌 iya だ da だからこの dakarakono 僕 boku も mo 一緒 issyo に ni 飲 no み mi 込 ko んでしまえよ ndeshimaeyo 夕焼 yuuya け ke だけどもそうはいかないよな dakedomosouhaikanaiyona 明日 ashita って tte ウザ uza いほど ihodo 来 ku るよな ruyona 眠 nemu たい tai 夜 yoru になんだか ninandaka 笑 wara っちゃう tchau 家 uchi まで made 帰 kae ろう rou 1人 hitori で de 帰 kae ろう rou 昨日 kinou のことなど nokotonado 幻 maboroshi だと dato 思 omo おう ou 君 kimi の no 顔 kao なんて nante 忘 wasu れてやるさ reteyarusa 馬鹿馬鹿 bakabaka しいだろ shiidaro、 そうだろ soudaro 君 kimi がいなくなった gainakunatta 日々 hibi も mo このどうしようもない konodoushiyoumonai 気 ke だるさも darusamo 心 kokoro と to 体 karada が ga 喧嘩 kenka して shite 頼 tayo りない rinai 僕 boku は ha 寝転 nekoro んで nde 猫 neko になったんだよな ninattandayona 君 kimi は ha いつか itsuka フラッ furaxtu と to 現 arawa れてくれ retekure 何気 nanige ない nai 毎日 mainichi を wo 君色 kimiiro に ni 染 so めておくれよ meteokureyo 夕焼 yuuya けが kega 燃 mo えてこの etekono 街 machi ごと goto 飲 no み mi 込 ko んでしまいそうな ndeshimaisouna 今日 kyou に ni 僕 boku は ha 君 kimi を wo 手放 tebana してしまった shiteshimatta 若 waka すぎる sugiru 僕 boku らはまた rahamata1 から kara 出会 dea うことは ukotoha 可能 kanou なのかな nanokana 願 nega うだけ udake 無駄 muda ならもう naramou ダメ dame だ da 家 uchi までつくのが madetsukunoga こんなにも konnanimo 嫌 iya だ da 歩 aru く ku スピ supiー ド do は ha 君 kimi が ga 隣 tonari にいる niiru 時 toki のまんま nomanma 想 omo い i 出 de 巡 megu らせ rase がんじがらめのため ganjigaramenotame 息 iki ばっか bakka 馬鹿 baka にしろよ nishiroyo、 笑 wara えよ eyo 君 kimi がいなくなった gainakunatta 日々 hibi は ha 面白 omoshiro いくらいにつまらない ikurainitsumaranai 全力 zenryoku で de 忘 wasu れようとするけど reyoutosurukedo 全身 zenshin で de 君 kimi を wo 求 moto めてる meteru 猫 neko になったんだよな ninattandayona 君 kimi は ha いつかまたあの itsukamataano 声 koe を wo 聞 ki かせてよ kaseteyo 矛盾 mujun ばっかで bakkade 無茶苦茶 muchakucha な na 僕 boku を wo 慰 nagusa めてほしい metehoshii 君 kimi がいなくなった gainakunatta 日々 hibi も mo このどうしようもない konodoushiyoumonai 気 ke だるさも darusamo 心 kokoro と to 体 karada が ga 喧嘩 kenka して shite 頼 tayo りない rinai 僕 boku は ha 寝転 nekoro んで nde 猫 neko になったんだよな ninattandayona 君 kimi は ha いつか itsuka フラッ furaxtu と to 現 arawa れてくれ retekure 何気 nanige ない nai 毎日 mainichi を wo 君色 kimiiro に ni 染 so めておくれよ meteokureyo 君 kimi がもし gamoshi 捨 su て te 猫 neko だったら dattara この kono 腕 ude の no 中 naka で de 抱 da きしめるよ kishimeruyo ケガ kega してるならその shiterunarasono 傷 kizu 拭 nugu うし ushi 精一杯 seiippai の no 温 nuku もりをあげる moriwoageru 会 a いたいんだ itainda 忘 wasu れられない rerarenai 猫 neko になってでも ninattedemo 現 arawa れてほしい retehoshii いつか itsuka 君 kimi が ga フラッ furaxtu と to 現 arawa れて rete 僕 boku はまた hamata、 幸 shiawa せで sede. ころころと展開する矛盾に見えますが、感情としてはリアルで、多くの人はこの矛盾を理解できるはずです。 一緒に暮らしていたふたりなら、思い出がとても多く、何をするにも思い出してしまうはずですよね。

10
歌詞 猫 歌詞 猫

👈 一度きりのテイクで、何をみせてくれるだろうか。 ってなるんです。

歌詞 猫 歌詞 猫

💅 強がっているような表現も、泣けると共感される部分なのではないでしょうか。

9
歌詞 猫 歌詞 猫

🙌 このシングルの表題曲は、 2017年、フジテレビ系の7月から放送された、ドラマ「」のエンディング曲としても注目されました。

3
歌詞 猫 歌詞 猫

✊ 最後に、この歌最大の秘密 この歌が、本当に「対比」の歌だなあと思うのは、 全体のテーマにありますが、 みなさんお気づきでしょうか? 猫になったんだよな君は もし君が捨て猫だったら と歌っているんですが、、、 このどうしようもない気だるさも 心と体が喧嘩して 頼りない僕は寝転んで どう見ても、 猫になってしまってるのは、 歌っている人の方なんですよね。 「そうか、今日は1人で家に帰るんだ」 と言ういつもと違う事 がこの繰り返しだけで じんわりと伝わるようになっています。 出身地:兵庫県 幼いころから歌手になることが夢だったようで、中学時代にはすでに作詞作曲を行っていたり、あいみょんさんのトレードマークとも言えるアコースティックギターに触れたのもこの頃です。

3
歌詞 猫 歌詞 猫

💙 歌詞にも出てくる猫は意味深な存在で、失ったものの例えとして登場します。 心と体が喧嘩して これは表現上の、対比ではなく 意味上の対比。 こんな歌詞は到底書けませんが、すごく男女の恋愛模様が見えてきます。

5
歌詞 猫 歌詞 猫

👋 家に帰る速度ですら、彼女を思い嫌になる。

7
歌詞 猫 歌詞 猫

👍 そして、その変化に伴う感情も。 歌の聞きやすさというのは メロディと言葉の調和で成り立っています。

5
歌詞 猫 歌詞 猫

😔 ため息ばっか、馬鹿にしろよ と、今度はちゃんと 小節ごとに切れた言葉なんですが バカバカシイとバッカバカニで 韻として成立している。 落ち込んでいたって明日はまたすぐやってくるんですよね… こんなにも心は疲れきっているのに、朝はやってくるし、いつもの日常が訪れるんです。 きっと、 ふたりは一緒に暮らしていたんでしょうね… 「 君の顔なんて忘れてやるさ」のところで、自分もすぐに君のことを忘れることができる、いや忘れてやると。

11