ファム ファタール。 ファム・ファタル

ファタール ファム ファタール ファム

👎 そしてファム・ファタールは永遠に 峰不二子の時代から遠くにやってきて、手の届きそうで届かない身近な女の子がファム・ファタールになる時代である。

13
ファタール ファム ファタール ファム

🐝 フランス語で「宿命の女(運命の女)」を意味し、しばしば文学や絵画のモチーフとして登場する。 なるほど「当日になれば」ってこういうことだったのか。

11
ファタール ファム ファタール ファム

😃 」 1年生の悲鳴ともつかない声が聞こえる。 気がつくと集合時間はとっくに過ぎていた。

5
ファタール ファム ファタール ファム

🖖 「ふぅん、そう。 彼女からタバコの匂いがしても、バレンタインのデートを断られても、全くくじけず挑み続ける爽太だったが…! フランス文学において、はじめて登場するファム・ファタルは、アベ・プレヴォによって1731年に刊行された『マノン・レスコー』のヒロインであるとされ、その他、プロスペル・メリメの『カルメン』など多くの文学作品に登場している。 「かわいいのね」という言葉には 「子どもっぽいのね」というニュアンスがあった。

9
ファタール ファム ファタール ファム

💔 「あら、野暮なことを言うのね。

ファタール ファム ファタール ファム

📲 ちなみに海外版ではFFTAもLRFF13も「Femme Fatale」表記。