平成 二 十 九 年。 達示(平成16年度)

九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

♥ の額を勘案して厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額 その額が現に当該指定介護予防サービスに要した費用の額を超えるときは、当該現に指定介護予防サービスに要した費用の額とする。 H29. 二 児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。

九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

😆 の請求にあっては、施設所在市町村 が定める額及び第七十八条の四第二項又は第五項の規定により市町村 施設所在市町村の長が第一項本文の指定をした指定地域密着型サービス事業者から指定地域密着型サービスを受けた住所地特例適用要介護被保険者に係る地域密着型介護サービス費 特定地域密着型サービスに係るものに限る。

19
九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

☕ 01 施行• R01. において介護を受けるもの 以下「居宅要介護者」という。 3 国及び地方公共団体は、発達障害者及びその家族その他の関係者からの各種の相談に対し、個々の発達障害者の特性に配慮しつつ総合的に応ずることができるようにするため、医療、保健、福祉、教育、労働等に関する業務を行う関係機関及び民間団体相互の有機的連携の下に必要な相談体制の整備を行うものとする。

九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

😁 01 施行• (早期の発達支援) 第六条 市町村は、発達障害児が早期の発達支援を受けることができるよう、発達障害児の保護者に対し、その相談に応じ、センター等を紹介し、又は助言を行い、その他適切な措置を講じるものとする。 ユニット型個室 一日につき八百二十円 ユニット型個室的多床室 一日につき四百九十円 従来型個室 特養等 一日につき四百二十円 従来型個室 老健・療養等 一日につき四百九十円 多床室 特養等 一日につき三百七十円 多床室 老健・療養等 一日につき三百七十円 三 イ 施行規則第八十三条の五第一号に掲げる者であって、国民年金法等の一部を改正する法律 昭和六十年法律第三十四号 附則第三十二条第一項の規定によりなお従前の例によるものとされた同法第一条の規定による改正前の国民年金法 昭和三十四年法律第百四十一号 に基づく老齢福祉年金 その金額につき支給が停止されているものを除く。 であって、当該住所地特例対象施設に入所等をした際他の市町村 当該住所地特例対象施設が所在する市町村以外の市町村をいう。

九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

🤔 H30. の額を勘案して厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額 その額が現に当該指定介護予防サービスに要した費用の額を超えるときは、当該現に指定介護予防サービスに要した費用の額とする。

九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

😆 5 国及び地方公共団体は、児童虐待を受けた児童がその心身に著しく重大な被害を受けた事例の分析を行うとともに、児童虐待の予防及び早期発見のための方策、児童虐待を受けた児童のケア並びに児童虐待を行った保護者の指導及び支援のあり方、学校の教職員及び児童福祉施設の職員が児童虐待の防止に果たすべき役割その他児童虐待の防止等のために必要な事項についての調査研究及び検証を行うものとする。 )の意思ができる限り尊重されなければならないものとする。 R02. 01 施行•。

5
九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

🙌 健康保険法施行令等の一部を改正する政令• 特定入所者介護サービス費の支給 第五十一条の三 市町村は、要介護被保険者のうち所得及び資産の状況その他の事情をしん酌して厚生労働省令で定めるものが、次に掲げる指定施設サービス等、指定地域密着型サービス又は指定居宅サービス 以下この条及び次条第一項において「特定介護サービス」という。

2
九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

🤫 R02. (放課後児童健全育成事業の利用) 第九条 市町村は、放課後児童健全育成事業について、発達障害児の利用の機会の確保を図るため、適切な配慮をするものとする。

9
九 平成 二 年 十 九 平成 二 年 十

😜 を受けたときは、当該要介護被保険者に対し、当該指定地域密着型サービスに要した費用 地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護及び地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護に要した費用については、食事の提供に要する費用、居住に要する費用その他の日常生活に要する費用として厚生労働省令で定める費用を除く。