二葉 あき子。 歴史的音源(二葉あき子) | 来(ら)いぶらりネット@ひろしま 広島県立図書館

あき子 二葉 あき子 二葉

🍀 県立三次高等女学校(現三次高)で1年間、音楽教師を務めた。

14
あき子 二葉 あき子 二葉

☭ javascriptの設定をオンにしてご覧ください。 「星のためいき」(1950年6月発売)• 戦後になると、「別れても」「夜のプラットホーム」「恋の曼珠沙華」「さよならルンバ」「村の一本橋」など多くのヒット曲を放った。

16
あき子 二葉 あき子 二葉

🤗 その後、のに「高音だけが歌じゃない」と励まされ復帰し、自ら低音発声法を作った。

9
あき子 二葉 あき子 二葉

😚 レコードデビューは、在学中にコロムビアで吹込んだ教育レコード。 「四つ葉のクローバー」(1941年2月発売)• これには二葉と古関の戦争体験が影響しているという。

17
あき子 二葉 あき子 二葉

⚐ に、にはを受章している。

あき子 二葉 あき子 二葉

😒 の「水色のワルツ」は、綺麗なメロディーに二葉あき子の歌唱が合い、人々に潤いをあたえた。 「乙女十九 」(1937年1月発売)• では同じコロムビアの、、らとよくステージに立った。 「三色すみれ」(1952年5月発売)• 「霧の港のノスタルジア」(1950年1月発売)• 1982年に紫綬褒章を受章した。

20
あき子 二葉 あき子 二葉

😄 「巴里の夜」(1951年6月発売)• 父の実家の広島県布野村(現三次市)に向かう途中だった。 二葉の死により、『』に出場した歌手のうち、存命者はのみとなった。

あき子 二葉 あき子 二葉

💔 「追憶」(1949年3月発売)• 通夜、告別式は家族で執り行う。 「高原の月」(1942年8月発売、共唱:霧島昇)• 卒業後、地元の広島の三次高等女学校(現在の) で教鞭をとる。 「古き花園」(1939年6月発売)• 生前、そう話していた二葉さん。

3