Jal 国内線 減 便。 JAL、1月の国内線 減便率16% 12月後半も減便を追加

国内線 便 Jal 減 国内線 便 Jal 減

🐾 新型コロナウイルスの新規感染者数は、全国的に徐々に減少する傾向にあるものの、飛行機を利用する需要の伸びは、想定を下回る推移が続いているため、3度目の減便を実施します。

15
国内線 便 Jal 減 国内線 便 Jal 減

🤫 中部発着は札幌と那覇の2路線が対象。 これらを除いた減便は59路線で、このうち羽田発着は幹線4路線(札幌、伊丹、福岡、那覇)や青森、広島、高松など30路線となる。 JAL(日本航空)とANA(全日空)が2020年12月10日(木)、国内線運航スケジュールの一部変更を発表。

4
国内線 便 Jal 減 国内線 便 Jal 減

📞 このほか、羽田発着では鹿児島線(1日あたり8往復16便)が44便、宮崎線(同6往復12便)が42便、徳島線(同7往復14便)が32便、旭川(同4往復8便)と高松(同7往復14便)、北九州(同5往復10便)、大分(同6往復12便)の4路線が28便ずつ、ぞれぞれ減便となる。

15
国内線 便 Jal 減 国内線 便 Jal 減

😘 5往復23便に減便し、累計で89便を減便する。

国内線 便 Jal 減 国内線 便 Jal 減

☎ 那覇線は40便が減便となり、最大で3往復6便を減便する。 3月17日はもう1往復減便し、1日7往復運航となる。 日本航空 JAL グループは新型コロナウイルス感染拡大による需要減に伴い、2020年12月5日 土 から2021年1月5日 火 まで、国内線を追加減便します。

2
国内線 便 Jal 減 国内線 便 Jal 減

👇 羽田発着の地方路線15路線は、いずれも最大で1往復2便ずつの減便となる。 同15往復30便の伊丹線は10往復20便から13往復26便に、同17往復34便の福岡線は12往復24便から14往復28便に、同12往復24便の那覇線は10往復20便から11往復22便に、それぞれ減便する。

国内線 便 Jal 減 国内線 便 Jal 減

♻ 6月19日(金)に都道府県をまたぐ移動の自粛が緩和されて以降、国内線航空需要は順調に回復してまいりましたが、新型コロナウイルスの新規感染者数が全国的に再び増加傾向にあることを背景に、需要の伸びが当初想定を下回って推移しています。 那覇-石垣線16日から18日まで、1日1往復ずつ減便する。

9