ささくれ 方言。 出雲弁【し】No1

方言 ささくれ 方言 ささくれ

👇 丁寧 「ます」に相当する丁寧の表現は、「かぎし」(書きます)、「おぎし」(起きます)のように連用形に「し」(す)を付ける。

3
方言 ささくれ 方言 ささくれ

⚡ 「大好きだに」と素朴な印象を与える方言でストレートに気持ちを伝えられれば、ドキッとする男性も多いことでしょう。 「両家のますますの…」の宴では、まったく似つかわしくない話です。

8
方言 ささくれ 方言 ささくれ

✋ 助詞 [ ] 格助詞等 [ ] 共通語の「が」にあたる、主語を表すは使われず、無助詞で表す(例)花咲いだ(花が咲いた)。 つまり「 しばりがたつ」というのは「 木のささくれが刺さった」という意味になります。

18
方言 ささくれ 方言 ささくれ

👊 原因 [ ] 人の指のささくれは、・・の不足が主な原因である。

16
方言 ささくれ 方言 ささくれ

😈 浜田、大田、松江、加茂では「 すばり」。

方言 ささくれ 方言 ささくれ

💢 郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。 緊迫度が高い状態。

13
方言 ささくれ 方言 ささくれ

🔥 使い方は「ごはん食べ過ぎてせついわぁ」や、「運動したけん、せついわぁ」のように使います。 因みに前者の「トゲ」と後者の「トゲ」を区別して用いる地域の例としては、福井県の「ハリ」と「ソゲ」、奈良県の「ハリ」と「シャクバ」、隠岐の「イラ」と「スバリ」、広島県の「クイ」と「スイバリ」、鹿児島県の「クイ」と「ソゲ」などがあります。

9