引き合い に 出す。 「引き合い」の意味と使い方・ビジネスで使う例文7つ・類語

に 出す 引き合い に 出す 引き合い

💅。 名前聞いただけでデータが思い浮かぶんですから。 ここからは実際に「引き合いに出す」を使った例文をご紹介していくので、言い回しなどをチェックしてみましょう。

13
に 出す 引き合い に 出す 引き合い

👐 日常生活より、仕事上でよく使うことになるからです。 「引き合い」には「比較や参考とするため例に引くこと、また、そのもの」「売買注文、また、売買条件の問い合わせ」「仲をとりもつこと、ひきあわせ」という意味があります。

16
に 出す 引き合い に 出す 引き合い

👈 注意 ビジネスシーンで「引き合い」というと、主に「売買条件の問い合わせ」「取引の最初の段階」のことを表します。 また、ケースによっては「見積もり依頼」も「引き合い」の類義語になります。

に 出す 引き合い に 出す 引き合い

😆 ビジネスシーンで幅広く使われますが、特に営業では頻繁に登場するビジネス用語となっています。 これは、「過去に実際に起こった例を目の前に提示して検討する」という意味を表す例文です。 また、人と人との仲を取り持つ、紹介を受けるなど「引き合う」の動詞形として使用する時もあります。

11
に 出す 引き合い に 出す 引き合い

🤐 弊社の一番人気の商品に引き合いが殺到しているため、一時生産が中止になった。 私は噂話を聞くのは嫌いと言う訳ではないんですが、 Aの噂話は母親の姉妹の話や、Aが通ってるまつげエクステの店長の姉妹の話やら 私にはあまりにも無関係すぎる話も平気でしてくるんです。 「事件の引き合いを請け負った」 このケースにおける「引き合い」の使い方としては上記が例文になります。

20
に 出す 引き合い に 出す 引き合い

🙌 ビジネスシーンで「引き合い」という言葉が使われているのを、よく耳にするのではないでしょうか。

5
に 出す 引き合い に 出す 引き合い

😝。 必ずしも使う必要はありませんが、現実的に特にビジネス上では頻繁に使われる言葉です。

20
に 出す 引き合い に 出す 引き合い

⚛ ぜひこの例文のような言い回しを覚えて活用してみましょう。 ・注文や問い合わせが殺到している状態も「引き合い」と言う。