かごめかごめ ヘブライ 語。 「かごめかごめ」の真相にせまる Part I ヘブライ語で書かれていた「カゴメの歌」

語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

⚓ 「後ろの正面、だーれ」もヘブライ語に置き換えて読むことにより、その意味だけでなく、「かごめかごめ」全体の文脈と主旨をまとめて、無理なく理解することができます。 彼は韓ユ同祖論も唱えていたこともあって、マクラウドはなんでも失われた10支族と結びつけるいい加減な人物であったと結論する者もいる。

3
語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

⚔ 恣意的な論法• の神輿(岩屋中町) 契約の箱と神輿• その聖櫃の上には神様をお護りするためにケルビムと呼ばれる天使像が向き合っていたと「旧約聖書」には書かれています。

17
語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

👆 その他 [ ]• 「かごめかごめ」の舞台は四国の剣山と考えられ、剣山界隈にはイスラエル・ルーツの伝承が多くあることからも、それが裏付けられるようです。 何が守られているのか? 誰が守られているのか? 守護されて封印し、安置して閉ざされていた神宝を、取り出せ! そして、火をつけろ、燃やせ! 神の社を根絶せよ。

9
語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

📱 この説で面白いのは「祖先に背の高い白い人が来て住み着いた」「沢口家では数代ごとに目の青い肌の白い人間が現れる」など明らかに古代ヘブライ人=西洋系白人という誤解を前提とした箇所がある。

17
語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

😀 古代ユダヤ人はやではなく、黒髪・黒目ので、背は低かった。

18
語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

🙂 「滑った」は「水を出す」を意味する「ショーエヴェ(shoevet)」。 有名な古代神殿()の前には、お耄銭()を入れる箱も置かれていた。 封じられていたのは神宝か! ヘブライ語を用いて「かごめかごめ」の歌詞を読み続けてみましょう。

13
語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

⚓ 天皇の即位に用いられるの台座にも獅子と一角獣()と思われる絵が描かれている。 「晩に鶴と亀がすーべった」は「お守りの岩を造り、そこから水が湧く」と解釈できます。 ただの箱です。

語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

🤞 トリイ()は、ヘブライ語アラム方言で門という意味であり、神社のトリイは過越の前にヒソプで羊の血を塗った門を意味すると主張される(トリイの起源については、インドの仏舎利塔の前に建てられたトラーナとする説や中国の陵墓の前に建てられた華表とする説などもある)。

4
語 かごめかごめ ヘブライ 語 かごめかごめ ヘブライ

⚔ 陰謀説(提唱者不明) 「かごめ」は 籠女と書いてお腹に籠を抱いているような女=妊婦を示し、「かごの中の鳥」とはお腹の中にいる子供を示す。 『かご』は、ヘブライ語で「囲む」や「守る」という意味らし『かごめ』のめの字は、ミーがなまってめになったのではないかと言われています。 冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。