ドクター コトー 2006 12 話。 Dr.コトー診療所2006(第2期)11話の感想(ネタバレ注意)最終回/彩佳の手術

コトー 12 ドクター 話 2006 コトー 12 ドクター 話 2006

✋ 第3巻の時点から、五島と星野の仲を見抜いていた。 前回電話口で怒鳴ってしまったことを詫び、毎日治療と、学校に忙殺されていること、このまま、病気を親に言わないわけには行かないから、と、今までのことを綴った手紙を同封したので、父にだけは知らせて欲しいと。

10
コトー 12 ドクター 話 2006 コトー 12 ドクター 話 2006

😉 中村悠子(剛洋の同級生) -• 「病気を見ずに病人を見ろ」「人が人を治すんだ」といった名台詞を残し、五島の心の支えとなる「しんきろうの石碑」の存在を教えた。

4
コトー 12 ドクター 話 2006 コトー 12 ドクター 話 2006

😅 コトーの耳には入らない。

9
コトー 12 ドクター 話 2006 コトー 12 ドクター 話 2006

☢ 次期院長の座を狙う出世欲の塊で、そのためには手段を選ばない。

12
コトー 12 ドクター 話 2006 コトー 12 ドクター 話 2006

😁 巽謙司(週刊アクセスの記者) - (第10話)• あなたがいなければ、彩佳さんのオペは乗り切れなかった 医者であることの怖さを思い知りました。 コトーが電話を切ると、誰かが訪ねて来た。

15
コトー 12 ドクター 話 2006 コトー 12 ドクター 話 2006

☯ 深く反省する信一に、 ドクターコトーは春江のお腹に聴診器をあて、赤ちゃんの心音を聞かせる。 その後、三上のいた増生島へ赴任する。 診療所にかつぎこまれた春江は、 ドクターコトーの処置により最悪の事態を免れた。

15
コトー 12 ドクター 話 2006 コトー 12 ドクター 話 2006

🤙 第6話の邦夫(春山幹介)の喫煙騒動のときもそうだったけど、前作の 「Dr. しかし、感情をあらわにする母親に驚いた千賀は、話すことが出来ない。 国夫の娘、実代のの手術を通して国夫の誤解を解いた。

16
コトー 12 ドクター 話 2006 コトー 12 ドクター 話 2006

👇 数日後、知明は島から去って行った。 秘書の純一(井澤健)は島の出身である。

13