ピボット テーブル 使い方。 【Excel】ピボットテーブルって何に使うの?エクセルで大量のデータを効率よく集計・分析するテク

使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

😗 そこから、「さいたま支店」だけにチェックを入れます。 元データのリストの商品名の 1 つを「商品C」から「商品D」に変更します。 まずはピボットテーブルをクリックしてフィールドリストを表示させます。

12
使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

☯ 一方、 ピボットテーブルでは、関数を使うことなくマウス操作だけで大量のデータの分析ができます。 他の方法よりも集計・分析がカンタン ピボットテーブルを使えば簡単にクロス集計表を作成できるため、表作成にかかる時間や労力を削減できます。 「コンパクト形式」「アウトライン形式」「表形式」 それぞれのレイアウトの特徴は次の通りです。

1
使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

🌭 金額列はひとつだけにする 集計対象となる「金額」は、表の中で1列だけになるようにすると、ピボットテーブルの集計がわかりやすくなります。

14
使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

👐 ピボットテーブルの機能を使えば、 同じ表からさらに別のクロス集計表を作成することができます。 関数を使う場合はSUM関数を二方向に設定しなければなりませんが、ピボットテーブルの機能を使えば簡単にクロス集計表を作成できます。 特に文字列の前後にスペースが挿入されている場合は一見分かりにくく、注意が必要です。

16
使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

😈 そして、表示されたダイアログボックス下の 「表示形式」を選択し、分類内にある 「ユーザー定義」を使います。 [ピボットテーブルの挿入] ウィンドウで、[ ソース] または [ 宛先] の横にあるリンクの隣にあるリンクを選択します。 ここで小数点以下の表示桁数などを調整することも可能だ。

7
使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

🤑 ピボットテーブル作成の準備方法 ピボットテーブルを使ってデータを集計するには、事前の準備が必要です。

12
使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

👉 分類したい「切り口」ごとに列を作る ピボットテーブルで集計をするためには、分類したい「切り口」ごとに列を作るのが重要です。

4
使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

✋ ほかのデータが何も表示されていないのだから、現状ではフィルタも何もありません。 こんな風に利用するために、最初にちゃんと元データの表を整える必要があったのです。

2
使い方 ピボット テーブル 使い方 ピボット テーブル

🤞 では、上のような表をピボットテーブルの機能を使って作成しましょう。 今回は、 フィルター機能を使って、目的のデータに素早くたどり着く方法をご紹介します。

16