お手数 を おかけ し て 申し訳 ご ざいません。 「お手数」の意味と使い方を解説!正しい読み方と英語表現も

て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ

🔥 そのため、自分の行動に対して使用すると間違いになりますので、注意しましょう。 ただし、この場合の謝罪は、相手の時間や労力など手間を取らせたことに対してです。 』といった意味になります。

2
て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ

😉 一方で、話し言葉では「お手数をおかけします」「お手数おかけします」どちらを使っても相手に違和感を与えることはないと思われます。

15
て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ

⚠ 「お手数」と同じく「お手」には尊敬を表す接頭語が付いているため、目上の人やクライアントに対して使える表現です。 「お手数」「おかけする」と「お」の付く言葉が続くため二重敬語ではないかと思ってしまいそうですが、敬語表現的にも間違いではありません。

7
て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ

😔 お手間を取らせてしまい申し訳ありません 自分のことで、相手に労力や時間を使わせてしまった場合に使う謝罪の表現です。

て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ

🚀 フレーズ全体を直訳すると「助けていただき、感謝します」ですが、ここでは依頼した後にこう言うことで「よろしくお願いします」といったニュアンスになります。

て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ て し ご お手数 ざいません を 申し訳 おかけ

☺ 「お詫び」とは「困難を引き起こしたことに対する後悔の表現」のことです。 「ご迷惑おかけしますが」という表現は、必ず、「申し訳ございません」など謝罪の言葉と使うのがマナーです。

1