永遠 の 桃花 55 話。 永遠の桃花 あらすじ55話

桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

💢 人間界の茶廊にいた織越は、白真と白浅を見つけて、仙力を封じられたから小銭を貸してほしいと頼む。 天族から天下を奪おうと企む擎蒼は、彼らを人質にして戦を仕掛けようとしていたのだった…。 その後、夜華は青丘に戻った白浅を訪ねる。

7
桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

😈 素素(そそ)が火事に遭ったと聞いて、夜華(やか)は傷が癒えぬまま急いで天宮に戻る。 そして、夜華は白浅から「愛してる」という言葉と結婚の意思を聞いて喜びのあまり涙を浮かべる。

2
桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

👈 彼女は自分の前で無理に元気に振る舞う夜華の気持ちを慮り、黙って彼に付き添う。 「つまり私も卑劣な者たちの1人だと?」 夜華は側室が己の夫を侮辱したと批難、これは先の2つの罪を超える罰になるという。 白浅は狐狸洞を封鎖する。

桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

😛 一方、白鳳九(はくほうきゅう)は司命星君(しめいせいくん)から東華帝君(とうかていくん)が彼女の願いを叶えるため人間界へ下ったことを知らされる。 目は取り返したが、誅仙台での出来事はまだ許していない。 そして、人前ではわざと素素に冷たく接する一方、彼女を心配して人間界から来たばかりの奈奈(だいだい)を彼女の侍女にする。

8
桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

⚒ そこに名前がなければ誰とも結ばれることはない。 夜華は、会えるまで待っていると伝えてもらうのだった。 その途中、白浅を心配し追いかけてきた鳳九が正門の門番に怪しまれ困っている姿が目に入る。

15
桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

🤩 その頃、白浅は東皇鐘に封印された擎蒼(けいそう)を再び封じこめなければならない日が来るのを独り静かに待ち受けていた。 司命星君が定めた人間たちの暮らしを見て、前を見て進めと白真は話す。 そこに、仙体を腐敗させない力をもつ翼族の秘宝・玉魂を貸してほしいと司音が現れて…。

桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

👏 なんかいも引っかかるけど、なんで人間界で神童と崇められ18歳で科挙に合格し順風満帆の人生を歩むのが罰なんや!!!変わってくれや! 今の所誰も幸せになってないのであと5話でどう治めるのか。 しかも、夜華まで青丘に住むつもりだと聞いて…。 元神を無くした夜華の体を引き取りに天君の使いがやってくるが、白浅は結界を作り誰も寄せ付けようとしない。

桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

😘 人間界の夜華は嫁を娶らず青丘を探し続けていた。 その様子を夜華からもらった銅鏡で見てしまった素素(そそ)は、彼を助けたい一心で家の外に出て天君(てんくん)に見つかってしまう。 その辛い記憶は折顔(せつがん)によって彼女の頭から消されたのだった。

4
桃花 55 の 話 永遠 桃花 55 の 話 永遠

👣 尾を断った激痛にその場に倒れ込んでしまう。 56話 擎蒼との対決 離鏡は擎蒼の元神と戦うのだが、力が及ばず、やられてしまう。 その頃、人間界では皇帝の東華帝君(とうかていくん)が刺客に襲われていた。

14