お盆 送り火 は いつ。 お盆の送り火はいつ?日にちや時間が気になる

送り火 いつ お盆 は 送り火 いつ お盆 は

🤩 お盆の期間は地域によって異なります。 最後までお読み頂きありがとうございました。

13
送り火 いつ お盆 は 送り火 いつ お盆 は

👆 夕方になり暗くなってきたら、送り火を焚いてご先祖様の霊を送ります。 多くの家庭でお盆に法要を行うのには、このような仏教的背景があります。

20
送り火 いつ お盆 は 送り火 いつ お盆 は

🚀 「送り火」とは、お盆の間に帰って来た ご先祖様の霊が、あの世へ迷わず帰ることを願う灯りです。

11
送り火 いつ お盆 は 送り火 いつ お盆 は

😘 迎え火 迎え火とはご先祖様の霊が、浄土から自宅へと 迷わず戻ってこれるよう目印として焚く火のことです。

11
送り火 いつ お盆 は 送り火 いつ お盆 は

👀 もくじ• 迎え火と送り火は、昔は墓前で行うのが一般的だったそうですが、現在はお墓が遠方にあるなどの理由から自宅の玄関先ですることが多いです。

9
送り火 いつ お盆 は 送り火 いつ お盆 は

🤩 その方法は、玄関先や門口などで焙烙 ほうろく という素焼きのお皿の上に折ったオガラなどを積み重ね、それに着火し、煙を立たせます。 ご先祖様たちが迷わず帰って来られるように、子孫が見守る中あの世へ戻っていけるように、火災に注意しながら迎え火と送り火を行いたいですね。 地域や各家庭の先祖伝来の供養方法があるところもございますが、ここでは 一般的な流れについて説明いたします。

送り火 いつ お盆 は 送り火 いつ お盆 は

🎇 この盆踊りについては8月16日に行うという地域もあるようです。 一般的には現代の暦で8月の13~16日をお盆期間として夏季休暇をとられる方が多いですが、東京等の一部地域では現代でも旧暦の日付をお盆としているところもあります。 また、炮烙 ほうらく という素焼きの平皿を用意しておきましょう。

13