ご 確認 お願い 致し ます。 「ご確認お願いします・ご確認の程宜しくお願い致します」は正しい?

お願い ご ます 確認 致し お願い ご ます 確認 致し

🐝 しかし、「ご確認のほど~」というように、「ほど」を付けることで、強制的な印象が弱まるのです。 一方の「ご確認の程を」は、やや違和感がありますね。 大事な資料を大切に受け取りましたという意味であり、相手に対する気遣いを感じられる言葉になります。

お願い ご ます 確認 致し お願い ご ます 確認 致し

💓 敬語とは? 日本語には 丁寧語、 尊敬語、 謙譲語 といった使い方があります。 セキュリティソフトの設定、入力したメールアドレスが間違っている、ご利用のメールサーバーの容量がいっぱいになっているなどの理由の可能性もございます。

7
お願い ご ます 確認 致し お願い ご ます 確認 致し

🐲 「ご確認お願いします」は、「ご確認」のあとに「お願いします」と続きます。 これは「ご確認の程、宜しくお願い申し上げます」と、句点を入れるだけで解決します。

5
お願い ご ます 確認 致し お願い ご ます 確認 致し

🖕 「ご査収のほどよろしくお願い致します」を使おう! 「ご査収のほどよろしくお願い致します」とひとことで言っても、その言い方はさまざまです。 また、各フリーメールサービスの受信メールの振り分け(フィルター)設定をお試し頂くことで迷惑メールフォルダへの振り分けを防ぐことができます。

20
お願い ご ます 確認 致し お願い ご ます 確認 致し

😉 「願います」は「願う」という単語を丁寧にしただけで尊敬の意味のないことばです。

19
お願い ご ます 確認 致し お願い ご ます 確認 致し

😀 「お送り致します。

18
お願い ご ます 確認 致し お願い ご ます 確認 致し

💓 「ご確認」以外にも、敬語などでよく使われる「~のほど」というフレーズ。 「ご確認お願いします」「ご確認の程宜しくお願い致します」もどちらも使ってもおかしくない使い方であると言えます。 したがって「書類についてご査収のほどお願いします」を「書類についてご確認のほどお願いします」と置き換えても意味が通じます。