ウィザーズ 対 ロケッツ。 ウェストブルックがチーム史上2位のトリプルダブル数に到達、リーグトップにも浮上

ロケッツ ウィザーズ 対 ロケッツ ウィザーズ 対

😛 この試合、ロケッツはの6本を筆頭に、が5本、とジェラルド・グリーンがそれぞれ4本、が3本を決めるなどショットが絶好調。

16
ロケッツ ウィザーズ 対 ロケッツ ウィザーズ 対

👈 ただ、話はまだ本格化しておらず、ロケッツはさらなるアセットを要求している」 ウェストブルックとウォールの2020-21シーズンにおける年棒は、ともに約4100万ドル(約42億円)とほぼ同額。 シーズン中に主力選手がコートから離れる厳しい状況で上位を目指すことはなかなか難しい状況です。

18
ロケッツ ウィザーズ 対 ロケッツ ウィザーズ 対

🤛 フィールドゴール(FG)の成功本数に3点シュートの成功本数の半分を足して、FG試投数で割ってはじきだされる「FG効果率」で、ウィザーズはこの日・736を記録。

19
ロケッツ ウィザーズ 対 ロケッツ ウィザーズ 対

👊 1試合で異なる3人の選手が55得点以上、45得点以上、そしてトリプルダブルを達成したのは、1961年12月8日のレイカーズ対ウォリアーズ戦で、レ軍のジェリー・ウエスト(32得点、11リバウンド、10アシスト)、エルジン・ベイラー(63得点)、ウ軍のウィルト・チェンバレン(78得点)の3人が絡んだ一例があるのみ。 が17点をマークした。

16
ロケッツ ウィザーズ 対 ロケッツ ウィザーズ 対

😊 7パーセント(11/17)は今季最高の成功率であり、スコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)は万能型ポイントガードを絶賛している。

ロケッツ ウィザーズ 対 ロケッツ ウィザーズ 対

😆 序盤は立て続けに3ポイントシュートを決めて、一時10点差をつけるなど勢いに乗りましたが、第2クォーターの序盤にはスパーズに逆転を許してしまいました。

15